主要な銀行のコンビニATM「入出金手数料」を比較しました

銀行の手数料で一番気になるのは、コンビニATMを使ったときの入出金手数料ではないでしょうか。

コンビニは店舗数が多いし、深夜・早朝もやっているので、コンビニにあるATMが一番便利です。

コンビニATMを使って、現金を口座から引き出す、預け入れる

非常によく使う取引なので、このときの手数料が一番気になります。

どんな条件なら入出金手数料が無料になるのか。どの銀行の手数料が一番安いのか。

都市銀行、ゆうちょ銀行、ネット専業銀行について調べました。

スポンサーリンク

複雑怪奇な手数料

銀行口座のコンビニATM手数料は、比較するのが非常に難しくなっています。

  • 時間帯や曜日によって細かく手数料が変わる。
  • コンビニチェーン店によって手数料が変わる。
  • 無料になる条件がそれぞれ違う。

そこで、どの銀行のコンビニATM入出金手数料が一番得か?という観点から、できるだけわかりやすく比較します。

手数料が無料になる条件が重要

コンビニATMの手数料が有料の場合、1回の入出金で108円〜324円の手数料がかかります。

どの銀行も、手数料の範囲はその程度です。

問題は、手数料が108円か216円かではなく、手数料が無料か有料かです。

「手数料が108円だから安い」ということはありません。

自分のお金を引き出したり、預け入れるだけの取引なので、無料であることが大前提です。

そのため、「どういう条件なら手数料が無料か?」という点で比較すべきです。

コンビニATM入出金手数料が無料になる条件比較

都市銀行、ゆうちょ銀行、ネット銀行を調査しました。

(調査日 2018年1月19日)

コンビニATM手数料の無料条件 評価
三菱東京UFJ 資産残高30万円等で月3回  △
みずほ銀行 資産残高30万円等で月4回  △
三井住友銀行 WEB通帳等で月3回  〇
りそな銀行 デビット契約で入金のみ無料  ×
ゆうちょ 有料、一部コンビニにATM設置  〇
ジャパンネット銀行 毎月1回無料。3万円以上は常に無料  〇
楽天銀行 資産残高10万円等で月1回  △
ソニー銀行 無料(または月4回無料)  ◎
住信SBIネット銀行 入金無料。出金は月2回無料  ◎
じぶん銀行 入金無料。出金は月2回無料  ◎
セブン銀行 セブンATMでも時間帯で出金有料  ×
イオン銀行 なし(常に有料)  ×

以下、それぞれの銀行の無料条件をもう少し詳しく書いておきます。コンビニATM手数料について説明しているページへのリンクもあります。

三菱東京UFJのコンビニATM入出金手数料

スーパー普通預金(メインバンクプラス)で、シルバーステージになると、月3回まで無料。

条件:10万円以上の給与振込、一部のクレカ利用、資産残高30万円以上など。

三菱東京UFJのATM手数料

みずほ銀行

みずほマイレージクラブに入会すると、取引状況に応じて月4回まで無料。

条件:給与振り込み、学生、一部のクレカ利用、資産残高30万円以上など。

みずほ銀行のATM手数料

三井住友銀行

SMBCポイントパックに加入して、一定の条件を満たすと、月3回まで無料。

条件:給与振込、一部クレカ利用、資産残高30万円以上の他、WEB通帳、デビット契約でも可能。

WEB通帳やデビット契約は誰でも簡単に契約できるので、条件は緩い。

三井住友銀行のATM手数料

りそな銀行

スマート口座(ネット口座)開設で、コンビニATM手数料が入金のみ無料。スマート口座はデビット必須。

コンビニATMの出金手数料が明示されていない。

Webサイトの手数料に関する情報が複雑で、出金手数料の情報を見つけられなかった。

りそな銀行のATM手数料

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行は、コンビニATM手数料が常に有料。

ただし、ファミマの一部店内にはゆうちょ銀行ATMが入っていて、無料で使える。

さらに、全国の郵便局内にはゆうちょATMがあって常に無料。

ゆうちょ銀行のATM手数料

ジャパンネット銀行

入金、出金それぞれについて、毎月最初の1回が無料。

2回目以降は、3万円以上の入出金であれば無料。

そこそこ好条件。

ジャパンネット銀行のATM手数料

楽天銀行

3万円以上の入金は無料。

ハッピープログラムによって、ATM手数料の無料回数が増えるシステム。たとえば、10万円の資産残高で月1回無料。(振込も月1回無料)

楽天銀行のATM手数料(手数料無料で入出金する方法)

ソニー銀行

セブン銀行とイオン銀行のATMは常に無料。

それ以外のコンビニATMでも、入金は無料、出金は月4回まで無料。

いずれも条件はなし。

けた外れの好条件。

ソニー銀行のATM手数料

住信SBIネット銀行

入金は無料。出金は月2回まで無条件で無料。

ランクによって無料回数が増える。ランク2維持条件が緩く、月4回の出金無料は容易。

好条件。

住信SBIネット銀行のATM手数料

じぶん銀行

入金は無料。出金は月2回まで無条件で無料。

ステージによって無料回数が増える。

好条件。

じぶん銀行のATM手数料

セブン銀行

セブンATMで、入金は無料だが、出金も昼間は無料(夜間有料)。

セブン以外のコンビニATMは常に有料。

セブンATMでさえ完全無料でないのは残念。

セブン銀行のATM手数料

イオン銀行

イオン銀行ATMの手数料は終日無料。

コンビニATM手数料は未記載で、FAQに手数料が記載されていた。

平日昼間108円、それ以外216円で、無料にはならない。

コンビニATMでイオン銀行のキャッシュカードは利用できますか?

コンビニATM手数料の観点からお勧めする銀行

上記の比較表のとおり、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行の3行は、コンビニATMの手数料が好条件になっています。

特にソニー銀行は、他行と比べて破格の手数料体系になっています。コンビニATMの入出金はほぼ無料で使えます。

上記3行以外では、ジャパンネット銀行、三井住友銀行がまずまずの条件です。他にも、ゆうちょ銀行は、全国の郵便局にATMが設置されています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする