【ジャパンネット銀行】スマホを使ってコンビニ払込票から即時引落し可能に

ジャパンネット銀行がスマホ決済サービスのPayBに対応します。2018年3月(予定)から。

PayBは、バーコードやQRコードをスマホカメラでスキャンして、銀行口座から即時引落しする決済サービです。

コンビニ等でよく使う払込票を使って決済できます。いちいちコンビニに行って支払わなくても、その場でスマホを使って決済できることになります。

個人・法人・個人事業者の口座で使えます。

PayBの利用シーンは払込票が多い

PayBで一番多い利用シーンは、「払込票」ではないでしょうか。

ネット通販で、後払いにすると「払込票」が入っていて、それを使ってコンビニ等で支払うことがあります。

毎月の携帯料金を払込票で支払っている方がいるかも知れません。(今では少ないと思いますが)

他にも、税金、公共料金でも払込票で支払うケースがあります。

そういったときにPayBを使うと、わざわざコンビニや郵便局にいかずに、スマホのカメラでスキャンすることで、自動的に銀行口座から引き落とすことができます。

スモールビジネスをやっているなら検討の余地あり

PayBに対応した銀行口座の中で、法人口座でも使えるのはジャパンネット銀行が初めてです。

ジャパンネット銀行のようなネット専業銀行法人口座は、スモールビジネスで使われることが多いです。

小さな会社の決済なら、決済シーンがほとんど個人と同じなので、PayBを利用するシーンは多いかも知れません。

税金や公共料金の支払いで、コンビニ等払込票を使って決済できます。

多忙な法人・個人事業者の方のビジネスをサポートいたします。

上記のジャパンネット銀行のページでも、スモールビジネスのサポートを強調していました。