引越しで住所が変わったときの銀行口座の手続き

引越しで住所が変わったときには、銀行口座の「住所変更手続き」が必要です。

銀行口座に登録した住所が間違っている(古い)と、重要書類が郵送で届かなくなります。忘れずに手続きをしましょう。

住所変更手続きは、ネット、窓口、郵送のいずれかで行うことになります。

以下、都市銀行、ゆうちょ銀行、ネット銀行を例にして、住所変更の具体的な手続きを紹介します。

スポンサーリンク

都市銀行の住所変更手続き

三井住友銀行を例に、住所変更手続きを見てみます。

三井住友銀行のHPでは、「引っ越しをしたけれど、何か手続きは必要なの?」という質問にたいして以下のように回答しています。

定期的に大切な報告書をお客さまにお届けしますので、ご転居された場合は、インターネットバンキングにて住所変更の手続きを行っていただくか、お届け印、本人確認書類をご持参のうえ窓口にて、または本人確認書類を同封のうえ郵送(メールオーダーサービス)にて、住所変更の手続きを行ってください。

なお、投資信託口座・債券口座を保有されているお客さまはインターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキングでの住所変更はできません。

引用元

ネット、窓口、郵送で、住所変更手続きができます。ただし、投資信託口座・債券口座については、窓口か郵送になります。

必要書類は、窓口なら「お届け印、本人確認書類」、郵送なら「本人確認書類」です。

ゆうちょ銀行での住所変更手続きは面倒

ゆうちょ銀行では、窓口か郵送で住所変更手続きを行います。

手続きに必要なものは、以下の4つです。

  • 旧住所が書かれた通帳
  • お届け印
  • 新住所が記載された本人確認書類
  • 住所移転届出書(窓口で用意)

最近は、通帳レスのゆうちょダイレクトプラスがありますが、その場合はキャッシュカードを持参します。

ネット銀行の住所変更手続きは簡単

ネット銀行のジャパンネット銀行では、住所変更手続きが簡単です。

ネットでログインして、「お客様情報の変更」ページで変えるだけ。ワンタイムパスワードのトークンが必要です。

ジャパンネット銀行でのお取引きやお手続き、サービスなどに関するよくあるご質問と回答をご案内しています。

お届け印の類は元からありませんが、新住所の本人確認書類も必要ありません。

ネット銀行は本当に手続きが簡単でいいです。

銀行によって手続きの煩雑さが違う

上記で、都市銀行、ゆうちょ銀行、ネット銀行のケースを紹介しました。地方銀行や信金でも同じような手続きだと思われます。

住所変更手続きは、銀行によって手続きが異なっていました。

ゆうちょ銀行では、複数の書類を用意する必要があり、やや面倒です。

ネット銀行なら住所変更は簡単です。都市銀行でも、ネットバンキングに限れば、簡単な手続きで済みます。

口座を開設するときは、厳重な手続きが必要となるのは理解できます。しかし、口座を開設した後の住所変更は、それほど厳重な手続きにする必要がないはずです

ゆうちょ銀行でも、いずれ手続きが簡略化されると思われます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする