最寄りの支店でないと銀行口座の開設はできないのか

銀行窓口に出向いて口座を開設する場合、どの支店に行けば良いでしょうか。

自宅の最寄りの支店で開設するケースが多いと思いますが、遠くの支店でも開設できるのでしょうか。

現在、「最寄りの支店」という縛りはなくなりつつあります。

口座開設を希望する支店の窓口へ

ネットで口座開設を申し込む場合は、そもそも「最寄りの支店」という概念がありません。

店頭で申し込むときに、「どの支店に行けばよいか?」と迷うことになります。

現在、都市銀行では「自宅住所の最寄りの支店で開設してください」という注記はありません。

みずほ銀行 口座開設を希望される店舗の窓口へお越しください
三菱東京UFJ銀行 口座開設を希望される支店の窓口へご来店
三井住友銀行 お近くの店舗で開設

三井住友銀行でも、「お近くの店舗でないと開設できない」とは書いてありません。

都市銀行はどの支店でも口座開設できると考えて良さそうです。

ゆうちょ銀行は自宅か勤め先の近く

ゆうちょ銀行は、明確に「自宅か勤め先の近くの店舗」で開設することを要請しています。

お客さまのお住まいの住所またはお勤め先のお近くの店舗(ゆうちょ銀行・郵便局)でお申込みください。
お客さまのお住まいの住所やお勤め先から離れた店舗でお申し込みいただいた際は、ご事情等をお伺いし、口座開設をお断りする場合がございます。

たとえば、東京に住んでいる人が、福岡の郵便局で口座開設しようとすると、「なんで、こんな遠距離の支店で開設するのか?」と聞かれることになります。

なぜ「最寄りの支店」というルールがあったのか

昔は都市銀行でも「最寄りの支店」で開設する縛りがあったと記憶しています。

特段の事情がないかぎり、自宅住所の近くの支店で開設するようにルールがありました。

おそらく、どこかの支店に口座開設の希望者が殺到すると、手続き処理が混乱するからだと思います。

銀行の支店は、人口の多い場所には複数の支店を置くなど、必要に応じて設置されています。にもかかわらず、特定の支店に利用者が集中したら困るわけです。

現在は、ネットでの口座開設申し込みが増えていますので、都市銀行はその心配をしていないのでしょう。

ゆうちょ銀行や一部の地方銀行は、昔からの名残で最寄りの支店での手続きを要請していると思われます。