主要な銀行のワンタイムパスワード対応状況を調べた

ワンタイムパスワードは、別名「使い捨てパスワード」と呼ばれます。

トークン(小型機器)、カード、アプリで、一回限りのパスワードを発行します。

仮にパソコンにスパイウェアが入っていても、ワンタイムパスワードは不明なので、銀行口座から勝手にお金を引き出される心配がありません。

効果的なセキュリティなので、銀行口座のネット取引でよく使われます。

ワンタイムパスワードの対応状況について、主要な銀行(都市銀行、ゆうちょ銀行、ネット銀行)について調べました。

スポンサーリンク

ワンタイムパスワードの例

国内のネット銀行の中で、最初に「トークン式ワンタイムパスワード」を導入したのはジャパンネット銀行です。

現在のトークンは、以下のようなカード型になっています。

ボタンを押すと1度だけ使えるパスワードが表示されます。口座のお金が動く取引には、このワンタイムパスワードを使います。

トークンはスパイウェアに感染することがなく、番号を盗まれたり、推測されることもありません。

ワンタイムパスワードのセキュリティがあれば、安心して銀行口座をネットで利用できます。

主要銀行のワンタイムパスワード比較

ワンタイムパスワードを採用している銀行は多いですが、対応状況が違います。

ワンタイムパスワードが必須になっている銀行もあれば、希望者のみの利用にとどまる銀行もあります。

以下の都市銀行、ゆうちょ銀行、ネット銀行を調査しました。

(調査日 2018年1月18日)

対応状況(個人口座) 発行手数料
三菱東京UFJ トークン/アプリ 無料
みずほ銀行 トークン/アプリ 無料
三井住友銀行 トークン/アプリ 無料
りそな銀行 トークン/アプリ 無料
ゆうちょ トークン/メール 無料
ジャパンネット銀行 トークン 無料
楽天銀行 メール 無料
ソニー銀行 トークン 無料
住信SBIネット銀行 なし(注1)  –
じぶん銀行 なし(注1)  –
セブン銀行 なし(注1)  –
イオン銀行 メール 無料

※「トークン(パスワード生成機)」のことを「カードパスワード」「ハードウェアトークン」と呼んでいる銀行もあります。
※新規発行は無料ですが、紛失時の再発行手数料は各銀行ともに手数料がかかります。

注1:取引の前にスマホで取引を承認する「スマホ認証」があります。

トークン型ワンタイムパスワードが一番安全

パソコンにしても、スマホにしても、スパイウェアに感染することがあります。

スパイウェアに感染しないトークン型のワンタイムパスワードが一番安全です。

意外になことに、トークン型のワンタイムパスワードを採用していない銀行がけっこう多いです。

メール型ワンタイムパスワードや、注1にある「スマホ認証」でも、日常取引のセキュリティとして問題がないと思います。

ただし、銀行口座に大金が入っている人は、トークン型ワンタイムパスワードの銀行口座に入れた方が安心できます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする