銀行口座の開設にマイナンバーは必要か?

銀行口座を開設するときにマイナンバーを提示する必要があるのでしょうか。

現状では、口座開設時のマイナンバー提出は法的な義務となっていないため、ほとんどの金融機関で口座開設できます。

ただし、三菱東京UFJのような一部の銀行では、口座開設時のマイナンバー提出が必須となっています。

また、海外送金、証券口座の開設といった取引では、どの銀行でもマイナンバーが必要となります。

スポンサーリンク

都市銀行、ゆうちょ銀行、ネット銀行のケース

個人番号制度は新しい制度なので、まだまだ馴染みがありません。それぞれの銀行の口座開設でマイナンバーが必要かどうか、個別に調べてみました。

都市銀行、ゆうちょ銀行、ネット銀行の一例です。

みずほ銀行

みずほ銀行では、新規の口座開設において、マイナンバー届出を「お願い」しています。

個人番号(マイナンバー)届け出についてに関するご案内です。

あくまで「ご協力をお願い」しているだけで、義務ではありません。

マイナンバーの届出がなくても、新規の口座開設の「お手続きは可能」であると明記されています。

三菱東京UFJ

三菱東京UFJでは、普通預金の口座開設時に、マイナンバーが必要です。

口座開設時は個人番号(マイナンバー)の提示が必要となります。
一方、入出金・解約時はご提示いただく必要はありません。

口座開設時は個人番号(マイナンバー)の提示が必要となります。 一方、入出金・解約時はご提示いただく必要はありません。

法的には義務化されていませんが、三菱東京UFJでは必要となっています。

マイナンバーはいずれ義務化される見通しなので、未提出口座を減らすために、先を見て必須にしているのかも知れません。

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行においてマイナンバーが必要となる取引は以下のとおりです。

  • 非課税貯蓄(貯金、国債)の申し込み 等
  • 財産形成(年金、住宅)定額貯金の申し込み 等
  • 特定口座、非課税口座(NISA)の開設 等
  • 投資信託、国債の口座開設 等
  • 外国への送金、外国からの送金の受領 等

やはり、通常貯金の口座開設では、マイナンバーは必要ありません。

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行でも、個人口座の開設にマイナンバーは必要ありません。

口座開設時には必要ありません。
ご利用になるお取引により、届け出が必要になります。
また、お取引に関係なく任意でマイナンバーを届け出いただくことも可能です。

ジャパンネット銀行でのお取引きやお手続き、サービスなどに関するよくあるご質問と回答をご案内しています。

マイナンバーは義務ではないが、一部の銀行では必須

2018年1月より、銀行口座へのマイナンバー登録がはじまりました。

口座開設のときにはマイナンバーの提出をお願いされるケースが増えています。

しかしながら、現状では口座開設時のマイナンバー提出は義務ではなく、提出しなくても罰則がありません。

マイナンバーが必要となるのは、証券口座の開設や海外送金の取引時です。

ほとんどの銀行において、マイナンバーを提出しなくても普通預金の口座開設ができます

ただし、上記のように三菱東京UFJといった一部の銀行では、口座開設でマイナンバーを必須としています。

2021年以降、マイナンバー提出が義務化される流れ

預金者にとって、マイナンバーを提出するメリットがないため、わざわざ提出する人はほとんどいないと予想されています。

これではマイナンバー制度を作った意味がないので、政府は義務化を検討しています。

2021年から口座開設においてもマイナンバー提出が義務化される見通しです。

何か動きがあったら、改めて更新します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. ロビン より:

    UFJは現在、普通預金口座の開設にもマイナンバー提示が必要になっているようです。

    • 口座開設JP より:

      情報ありがとうございます。

      改めて主要銀行のマイナンバーへの対応を調べて、記事を訂正させていただきます。