銀行口座を開設するときに印鑑は必要か

昔から口座開設のときには印鑑が必需品でした。

最近は、「印鑑不要」の銀行が増えています。これも時代の変化ですね。

メガバンク、ゆうちょ銀行、ネット専業銀行について、印鑑が必要かどうかを調べました。

スポンサーリンク

印鑑の届出が必要かどうか:主要銀行を一覧比較

以下、個人口座の開設について調べました。(法人口座は印鑑証明等が求められます)

調査日は2019年3月11日です。

印鑑が必要かどうか
三菱UFJ銀行 店頭必要(ネット・アプリなら不要)
みずほ銀行 店頭必要(ネット・アプリなら不要)
三井住友銀行 店頭必要(ネット・アプリなら不要)
りそな銀行 不要
ゆうちょ銀行 必要
ジャパンネット銀行 不要
楽天銀行 不要
ソニー銀行 不要
住信SBIネット銀行 不要
じぶん銀行 不要
セブン銀行 不要
ローソン銀行 不要
イオン銀行 不要

メガバンクでもネット開設なら不要

三菱UFJ、みずほ、三井住友は、店頭で口座開設するときだけ印鑑届出が必要です。

ネットブラウザ、スマホアプリでの開設は、印鑑届出が不要です。

りそな銀行は、店頭で開設するときでも印鑑不要となっています。

ゆうちょ銀行は常に必要

ゆうちょ銀行は、総合口座をゆうちょ窓口で開設するときに印鑑が必要。

しかも、ネットで開設する「ゆうちょダイレクトプラス」でも印鑑の届出が必要です。

旧態依然とした手続きを変えていないみたいです。(後述)

ネット銀行は印鑑の記述が一切ない

店舗をもたないタイプの銀行は、どこでも印鑑は不要です。

WEBサイトで「印鑑不要」とアピールもしてないです。印鑑はまったく時代の違うものとして、最初から眼中にありません。

ちなみに、ネット銀行の先駆けだったジャパンネット銀行は、かつて印鑑届出が必要でしたが、方針を変更して、現在は印鑑手続きをすべて廃止しています(個人口座、営業製個人口座)。

印鑑はいずれ消える

昔、銀行口座からの引出や預入は、すべて店頭で行いました。

その際、各自が持っている印鑑の「印影」が、本人確認に使われたわけです。

海外ではサインが使われていましたが、日本は印鑑文化だったわけですね。

今では時代が変わって、店頭で引出・預入の手続きする人は稀です。ATMまたはオンラインバンクが当たり前になっている。

となると、印鑑はどう考えても不要です。

いずれどの銀行でも印鑑が消えることは間違いないです。

なぜメガバンクの店頭開設で届出を求めているか

メガバンクでは店頭での口座開設に印鑑届出を求めています。

本来、店頭の口座開設時でも印鑑不要にできるはずです。(りそな銀行は店頭開設でも不要です)

これは推測ですが、店頭での開設手続きを簡素化すると、店頭に顧客が来てしまうから、いまだに印鑑を求めている気がします。

メガバンクは支店をどんどん減らしています。個人を相手にした店頭での口座手続きは、銀行にとって負担でしかありません

できれば、店頭に来てほしくないのでしょう。ネットだけで受け付けたいのが銀行の本音ではないでしょうか。

ゆうちょ銀行の事情

ゆうちょ銀行は、窓口であれネットであれ、常に印鑑届出を求めています。

昔ながらの手続きをほとんど変えていません。

ゆうちょ銀行は、日本全国の津々浦々まで郵便局網があり、過疎の地域でも顧客がいます。

顧客の多くが地方のお年寄りで、手続きを変えると混乱するからだと思います。

業務プロセスを改革したくてもできない事情がありそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする