法人向けの銀行口座は、1つの銀行で複数の口座を開設できるのか

1つの銀行で法人向け口座を開設したときに、複数口座を持つことはできるのでしょうか?

仕入に使う口座、売上に使う口座など、用途に合わせて口座を分けると便利です。

都市銀行、ゆうちょ銀行、ネット銀行について調べてみました。

開設できる法人口座の数を比較

以下、法人口座について、それぞれの銀行で開設できる数です。

(調査日 2018年1月29日)

開設可能な法人の口座数
三菱東京UFJ銀行  不明(記載なし)
みずほ銀行 不明(記載なし)
三井住友銀行 不明(記載なし)
ゆうちょ銀行 不明(記載なし)
ジャパンネット銀行 1事業所につき20口座
楽天銀行 20口座までまとめてお申込
住信SBIネット銀行 不明(記載なし)

各銀行Webサイトの法人口座TOPページ、法人口座開設ページ、FAQページ等で調べました。

ジャパンネット銀行と楽天銀行の2行以外は記載なし

ジャパンネット銀行と楽天銀行は、FAQのページでわかりやすく「20口座」と明記されていました。

しかし、他の銀行は記載がみつかりません。サイト内検索でも見つけることができませんでした。

少なくとも都市銀行で、法人口座を複数持てるのは間違いないです。大企業の口座が1つだけというのはありえないので。

営業所単位、商品単位で口座を大量に使用しているはずです。しかし、なぜかWebサイトに明確に書かれていませんでした。

とりあえず、ジャパンネット銀行であれば確実に20口座まで開設できます。

→ 法人口座は最大20口座まで開設可能 事業部別拠点別など使い分けできます