【銀行トラブル】銀行からしつこい勧誘が来る

銀行から金融商品の勧誘がきて、しつこくて困っているときの解決法をご紹介します。

あまりにしつこいときはADRが頼りになります。

どんな人が勧誘の対象か

金融商品の勧誘のターゲットは、高額の預金者だと考えられます。

たとえば、普通預金口座に2千万円があって、口座残高に動きがない・・・

そんな顧客にたいしては、「使う予定がないなら、定期預金はどうですか?いや、むしろ投資信託はどうですか?」と銀行から勧誘が来るのでしょう。

私自身は今までに一度も銀行から勧誘を受けたことがありません。口座に入っているお金が少ないからだと思います。残念・・・

銀行による勧誘トラブルは少ないはずだが・・・

勧誘トラブルというと、悪質リフォーム業者とかインチキ不動産投資業者が思い浮かびます。

銀行はお硬い業界なので、悪質な勧誘をするケースは少ないはずです

そうはいっても、銀行間の競争が激しくなっていますので、今後は増えてくるかもしれません。

(保険業界では、大手保険会社による悪質勧誘が昔から見受けられます。最近の大きな事案としては「かんぽ生命保険の不正販売問題」がありました)

銀行からの勧誘にたいしても注意深くなったほうがいいですね。

しつこい勧誘に困ったらどうするか?

最初は、その銀行の「お客様相談室」のようなところに電話をしてみてはいかがしょうか?

それでも解決しない場合は、全国銀行協会のADRで相談してください。

ADRとは、Alternative(代替的)Dispute(紛争)Resolution(解決)のことで、訴訟ではない紛争解決のことです。裁判になるとコストも時間もかかりますので、その前に第三者の助けを借りながら紛争解決を目指すものです。

上記サイトの中で、以下のような苦情例がありました。

金融商品案内の電話は不要と伝えても、銀行担当者が代わるたびに、かかってきて困る…

銀行とトラブルになったら?全銀協ADRで解決!

全国銀行協会のADRで相談したところ、担当者がその銀行に問い合わせて、「銀行支店内の引き継ぎが徹底されていないことがわかった」とのこと。銀行が謝罪し、再発防止に務めることで、この事案は解決したそうです。

ということで、しつこい勧誘で困ったら、全国銀行協会への相談を検討してください。