【銀行トラブル】家族が入院して銀行に行けないけど家族の口座から治療費を払いたい

たとえば、母親が入院したとします。母親はベッドで寝ているので、銀行の窓口には行けません。

しかし、病院の治療費を母親の口座から支払いたい。

そんなときはどうすればいいでしょうか?

銀行口座は個人のプライバシーのため、本人が行かないかぎり口座からお金を引き出すことはできません。

治療費の支払いができずに困ることになります。

これは誰にでも起こり得るトラブルです。

スポンサーリンク

全銀協ADRで相談する

このような問題は、当事者同士で話し合っても解決しないものです。

銀行は、「本人でなければお金は引き出せない」の一点張りだと思われます。

そんなときは全国銀行協会のADRで相談してください。

上記サイトの中で、「銀行とトラブルになったら?全銀協ADRで解決!」というPDFファイルがあります。

上記の問題はその中に収録されていたものです。

母が入院中で窓口に行けない。母の口座から入院費を払い戻したいが、銀行から断られて・・・

家族が病気になって、その家族の口座から医療費を払いたいが、本人が病床にある

この場合、家族が窓口にいってもすぐには対応してくれません。本人以外の人間なので、口座から簡単にお金を引き出せるわけがありません。

こんなときに全銀協ADRに相談すると良いそうです。ADR担当者が、相談者と銀行との間に入って解決してくれます。

請求書の支払先に振り込む

以下のような解決例となっていました。

銀行から、病院に請求書を出してもらうよう提案を受ける。払い戻すのではなく、入院費を請求書の支払先に振り込むことができ、解決した。

要するに、病院の口座に入院費を振り込む形にしたそうです。

銀行にとっては、本人以外の人間が「口座からお金を引き出したい」といっても応じることはできません。

いくら治療費と説明されたところで、家族が嘘を言っているかも知れません。

その点、病院の口座に直接振り込むのであれば、口座から現金を引き出される(払戻す)のに比べて、悪用されるリスクがなくなります

この方法なら銀行が応じたそうです。

このようなトラブルは誰にでも起きることです。覚えておきたいトラブル事例です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする