銀行とトラブルになったときに苦情相談できる場所

銀行とトラブルになったときには、まずは各銀行の「サポートデスク」「お客様係」等に連絡します。

しかし、そこで話し合っても、「銀行の説明に納得できない」「解決しない」ことがあります。

そのようなときに、トラブル相談ができる第三者機関があります。

スポンサーリンク

裁判になる前の解決手段

トラブルになったら、最終的には裁判に訴えることになります。

しかし、裁判になると費用も時間もかかるため、躊躇してしまうケースが多いはずです。

泣き寝入りしたくないけど、裁判をするほどでもない。そんな問題が多いのです。

そこで、ADR(裁判外紛争解決手続)という方法があります。

当事者の話し合いでもなく、裁判でもない。その中間に位置する紛争解決手段です。

中立公正な第三者が、両者の言い分を仲介して、裁判によらずに話し合いで解決を目指す制度です。

行政機関のADRは、お馴染みの「国民生活センター」が有名です。

上記リンクは、国民生活センターのADR解説ページです。

銀行業界のADR機関

民間にもADR機関が数多くあります。

「裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律の施行(2007年4月1日)」により、国の認証を受けた機関が民間ADRとして活動しています

交通事故と金融に関わるADRが多いです。それだけトラブルが多いのでしょう。

銀行業界にもADRがあります。

全銀協ADRです。消費者と銀行との間に発生したトラブルについて、裁判ではない紛争解決を目指します。

銀行との間で何かトラブルがあったら、まずは全銀協ADRで相談してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする